FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01/26(Sat)

蓄熱暖房機その名も「ユニデール」!! 

突然ですが、電気蓄熱暖房器ユニデールって知ってますか?

「電気蓄熱暖房器ユニデール」とは、電気料金のお得な深夜電力でレンガに熱を蓄え、その熱を日中徐々に放熱し、24時間輻射熱による快適な暖房空間を実現するまさに理想的な暖房機です!!

ご存知の方がまだまだ少ない商品では有りますが、既に北海道や東北、北陸の寒さの厳しい地方では大ブレイクしていて、そろそろ関西でもブレイクしそうな勢いの暖房機です!!

「安心快適で経済的なオール電化にした時に、ガスの契約を解除したんだけど、ガスファンヒーターが使用できなくなったので今は石油ファンヒーターを使用しています・・・でも最近灯油って高いのよね。」と言うご相談をお受けすることがしばしば有りましたので、僕なりに少し解決策を模索していたのですが、2,3年前より石川県のアンドはとやさんと言う電器店のブログを見て「これだっ!!」と思い、事有る毎にお声がけしてきましたら、先日当店でははじめてとなる記念すべき第一号をご購入いただきました

お客様に何故ご採用いただけたのかをお尋ねしてみたら・・・

「重くて臭い灯油タンクの給油や運搬の手間が省けるから」
「灯油価格の高騰で出費がバカにならないから」
「石油ファンヒーターのように臭くないから」
「対流式暖房機(エアコン、石油及びガスファンヒーター等)では味わえない
輻射熱によるむっくり、まったり何とも言えない心地良い暖かさだったから」
「取り扱いがシンプルで解かり易くメンテナンスも殆んど気にしなくて良いから」
「燃焼部が無いので空気を汚さず結露もしないらサッシや押入れがいつもキレイ」
「とっても静かだったから」
「機器本体の寿命が永そうだから」等など・・・きりがありません

今回設置させていただいたのは「ファン付きマイコン内蔵VUEi70J」と言うモデルです。
工事は電源工事7割本体設置工事3割って言う感じでした。ではご覧下さい。
既存の電力計と引き込み開閉器の入ったボックスです。
(クリックで拡大)
P1000818.jpg

このお宅の場合、7キロでしたので、契約上24キロを超えてしまう事が判明しましたので
CTと言う変流機を付けなければいけないとの事でしたので専用の電力計と端子を納める
ボックスを増設しました。
(クリックで拡大)
P1000860.jpg

関電さんがCTを取り付ける為の板をポールの先端に取付けました。
(クリックで拡大)
P1000863.jpg

工事前の引き込み開閉器の様子です。
(クリックで拡大)
P1000803.jpg

向かって右端に防水の可とう電線管にてSV14を設置部屋まで引き込んでいきます。
(クリックで拡大)
P1000872.jpg

右端に50Aの漏電ブレーカーを増設しました。
(クリックで拡大)
P1000866.jpg

全体像はこの様になります。
(クリックで拡大)
P1000858.jpg

引き込みポールのてっぺんから、隣の建物の最短距離まで架空配線して
E25の鉄管配管にて設置するお部屋まで電線を導いていきます。
(クリックで拡大)
P1000864.jpg

愛弟子の博司君がドリル等の道具を駆使して工事を進めて行きます。
(クリックで拡大)
P1000889.jpg

電気工事の最後は設置部屋の引き込み場所に防水の結線用プルボックスを取付けました。
(クリックで拡大)
P1000890.jpg

博司君が電源を引き込んだ付近に本体を置き
レンガを積むためにボディーを一旦全て取っ払います。
(クリックで拡大)
P1000875.jpg

200Vの電源線とアースをそれぞれ結線します。
(クリックで拡大)
P1000892.jpg

レンガを積む前に位置を決めて、ボルトにて転倒防止を施しておきます。
(クリックで拡大)
P1000874.jpg

3個でひとパックのレンガが14個えっと・・・42個も有るやん
(クリックで拡大)
P1000857.jpg

3本の長いヒーターの棒を挟み込むようにキッチリとひたすら積んで行きます。
とにかく重い・・・
(クリックで拡大)
P1000880.jpg

やっと全てのレンガを積み終わりました・・・
(クリックで拡大)
P1000883.jpg

ファンの噴出し口に落ちたレンガを積む際に出る細かいレンガのクズを掃除機でキレイに掃除します。
この工程は、ご丁寧にちゃんと工事説明書に書いてありましたのでキッチリしておきます。
(クリックで拡大)
P1000885.jpg

内側のカバーを元通り取付けます。
(クリックで拡大)
P1000886.jpg

ふうっシンプルな工事のわりに体力が必要な事が判明・・・。鍛えなおさねば
(クリックで拡大)
P1000893.jpg
スポンサーサイト
【編集】 |  00:15 |  オール電化関連  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
●嬉しいです!!
どうも!お久しぶりです。

そうなんです。1号機ってちょっと嬉しいですね。

先日2号機が成約となりましたので

気が向いたらアップしまーす(^_^)v
宏平 | 2008.02.01(金) 21:51 | URL | コメント編集
宏平さん、ごぶさたです。

やりましたね!!蓄熱暖房。

いいでしょ!!!

みなさまに喜んでもらいましょ!!!
ジェイケイ | 2008.01.29(火) 13:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。