05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11/06(Tue)

「デジタル110番」説明会 

今日、デジタル110番についての説明会が京都工業会館にて開催されましたので、先輩の上辻さんとカリスマ社長と僕との3人で早速行って来ました!!

手狭な会場に見渡す限り地域家電専門店のオヤジがギッシリ鮨詰め状態でオヤジ臭が立ち込めていました・・・(笑)

まずは、京都商組の理事長でもあるカリスマ社長の挨拶から始まり、全商連会長の地域家電専門店に対する熱い思いのつづられた手紙が読み上げられました!

量販や通販の乱暴な販売による設置不良が起因した各メーカーサービス会社へのナンセンスコールが連日35%を超える今
中でもデジタルテレビを購入したのに地上デジタル放送が視聴できない、いわゆる「デジタル難民」の救済と地域家電専門店の高い技術力とアフターフォロー力を発揮して地域に無くてはならないお店であることのアピールをする事が主な目的であるとの説明がありました。

続いて、技術委員長の中島様より、「デジタル110番」の大まかな活動要領に関する説明が有りました。

最後に、お待ちかねのマスプロ電工の社員の方による京都府におけるデジタルアンテナ工事の事例を交えた突っ込んだ内容の研修が行われました。
これには、現場で苦労しておられる現役の家電店のオヤジさん達にとっても、とてもタイムリーな研修になったようです!もっとも、マスプロ電工の社員の方はやりにくかったと思います・・・。お疲れ様でした!

100人を超える地域家電専門店の中には、当然ではありますが、「量販や通販の尻拭いは嫌だ」との声も上がりましたが僕はそうは思いません。
地域の方々のお役に立つことで、コミニケーションをはかる機会が増え、地域家電専門店にとっては願っても無い増客が自然とでき、ますます商売が繁盛するのではないかと思っています。
マキノデンキグループの理念でもある「我々を取り巻く地域社会の発展に寄与する」と言う考えのもと、我が「てくのハウスMAKINO城陽店」はデジタルテレビと言う商品の持つ「地デジハイビジョン映像が写る」と言う機能が当たり前に発揮できる環境を当たり前に構築するという極当たり前の仕事で有り、地域家電専門店の使命ですので、必ず参加致します!
城陽地区でお困りのデジタル難民の皆様!お気軽にご相談下さい!自称「お役に立ち隊隊長」の牧野宏平がお困りごと解消に伺います!



スポンサーサイト
【編集】 |  22:29 |  研修会  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。