05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/03(Mon)

アルカリイオン整水器 

水道水って最近特に塩素臭がきついですね・・・。
とは言っても水道局から家庭の蛇口までの間で伝染病を引き起こさないように一定の塩素による消毒は残念ながら必要不可欠です・・・。もちろん健康を害するほどでは有りませんが、そんな塩素を口に入れるとなると胃腸中の善玉菌(例えばビフィズス菌など)の活動に少なからずも影響が有ると言われています。
僕は日頃よりご相談があれば「なるべくならカートリッジを通して飲用した方が良いですよ」とアドバイスしております。
皆様がご承知の通り、アルカリ性の食物と酸性の食物ですと、アルカリ性の食物が身体に良いとされておりますが
アルカリ性の食物ではヒジキ等が代表的ですが、毎日大量に食す事は困難です。
しかも、日本人の主食であるお米やそれを原料として作られるお酒、又、メインディッシュのおかずである魚や肉までも残念ながら酸性の食物なのです・・・。
であれば、料理に使用する水をせめてアルカリ水で調理していただけたらよりベターであると思われます。我が家もそうしております。
お手軽に購入できて便利に使用できるアルカリイオン整水器をご紹介致します。
本日設置に伺ったのは最もポピュラーなモデルのTK8051(実売価格はお店によってさまざまですが6万円から7万円の間かな?)です。では取り付けの様子をご覧下さい。
まずは泡沫栓という蛇口の先を外し、そこへ手元切り替えレバーを取り付けていきます。
↓(クリックで拡大)
P1070805.jpg

給水ホースと吐水ホースを適度の長さにカットして切り替えレバーに接続していきます。
↓(クリックで拡大)
P1070806.jpg

このタイプは手元でアルカリ性や酸性の切り替えが行えるように切り替えレバーの上にワイヤレスのリモコンが埋め込まれています。ボタン電池を仕込んでいきます。
↓(クリックで拡大)
P1070807.jpg

後は水漏れしないようにそれぞれの接続部分をしっかりと締め付けながら取り付けます。
↓(クリックで拡大)
P1070808.jpg

このタイプは手元の切り替えレバーより浄水が出て、しかもアルカリや酸性の切り替えも切り替えレバーに埋め込まれたリモコンで行うため、こんなに離して設置しても大丈夫!シンク廻りが広々と使えますね!
↓(クリックで拡大)
P1070809.jpg

この商品のおすすめポイントをまとめました。
↓ココをクリックしてください!
①エコ電解層で節水
②高機能カートリッジ
③蛇口リモコン

カートリッジ交換は電話一本で伺います!
お買い求めはてくのハウスMAKINO城陽店でお願いしまーす!

スポンサーサイト
【編集】 |  16:21 |  白物生活家電  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。