FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08/27(Mon)

残暑お見舞い申し上げます(汗) 

今日お伺いしたお客様は、ご新規さんなのですが、僕の師匠であるカリスマ社長の牧野伸彦夫妻が31年前マキノデンキをオープンした頃にお世話になった方で、お引越し等で長いブランクがあった物の、その社長の紹介で今度は駆け出しの城陽店でエアコンをお買上下さいました。これからもヨロシクお願いいたします!

昨年パワートランジスター基盤を交換した物の今年とうとうコンプレッサーが故障してしまった91年製のエアコンです。ご苦労様でした!
↓(クリックで拡大)
P1070741.jpg

こちらは元々スリムダクトで配管が保護されており丁寧な工事が施されていました。
↓(クリックで拡大)
P1070743.jpg

室外機をポンプダウンしてフロンガスが大気中に放出されないように撤去していきます。
↓(クリックで拡大)
P1070742.jpg

室内機もこの通り!
↓(クリックで拡大)
P1070745.jpg

配管の切り口にリーマと呼ばれるツールでバリ取りを施していきます。この作業はフレア加を施す前に行うとフレアが滑らかに仕上がり、ガス漏れのリスクが大幅に減少します。必ず行っています。
↓(クリックで拡大)
P1070746.jpg

博司くんもいつものように並行して作業しています。
↓(クリックで拡大)
P1070747.jpg

今度もスリムダクトを使用します。
見た目はもちろんですが配線や配管を長期間保護してくれますので当店はほぼ取り付けております。
↓(クリックで拡大)
P1070749.jpg

お掃除ロボット付の最高級モデルですので換気フード付のデラックスウォールキャップとなっています。
↓(クリックで拡大)
P1070750.jpg

毎度お馴染みの真空ポンプ通称「トーマス君」です。
配管内の空気をこいつで一気に真空にして行きます
ガスと空気が混ざらないように取り付けるためにはとっても重要な工程です。
この一手間でエアコンの寿命に差が出ます!!
↓(クリックで拡大)
P1070751.jpg

工事は愛情!見た目もスッキリ仕上げていきます。
↓(クリックで拡大)
P1070754.jpg

さあ試運転!いつ見ても気流ロボットのギミックは面白いです!快適シャワー気流をお楽しみください!
↓(クリックで拡大)
P1070753.jpg

厳しい残暑をこのエアコンで快適にお過ごしください!
常にフィルターのコンディションが良いので28度でもとっても良く効きますよ!安心してご使用ください。お買上誠にありがとうございました!これからもてくのハウスMAKINO城陽店をどうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
【編集】 |  18:51 |  白物生活家電  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。