FC2ブログ

08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08/19(Sun)

得意技!? 

暑いにも程があります!!盆休みも明けて益々酷暑です!!
炎天下で連日行われている高校野球の球児たちは大丈夫なのでしょうか?若さってすばらしい!!
そんな元気物はさておき、皆様水分と塩分を適度に取ってお身体には気をつけましょう!
文明の力であるエアコンや扇風機で適度に体温調節することも大切です。
そんな事でエアコンの注文が有りましたので据付工事に行って来ました。

ダイキンの30年のビンテージエアコンです・・・
リモコンも配線付で懐かしい!!
お勤めご苦労様でした!
↓(クリックで拡大)
P1070093.jpg

室外機への配管も日に焼けてボロボロ・・・。
↓(クリックで拡大)
P1070095.jpg

例によって配管パイプはテープ巻き処理がされているだけです。
昔の事ですから仕方ありませんが・・・
↓(クリックで拡大)
P1070096.jpg

30年の年月が経っていますのでその間に、エアコンを取付けた状態のままクロスの貼り替えが施されており、既存のエアコンを撤去したら汚い部分が目立ってしまい、せっかく新しいエアコンに取り替えるのに、もう一つパッとした仕上がりにならないケースが多々あるのです・・・。
そこはてくのハウスMAKINO城陽店です!
クロスを補修してから新設のエアコンを取付けます!
もちろんその頃のクロスのデザインはありませんが、近似色のクロスを貼るだけでも仕上がりが全然違うのです。工事は愛情!
実は、この業界に入る前は内装店でクロス職人を4年間しておりました。
まずはのりの付いたクロスを貼り付け、刷毛で空気をしっかりと抜き
ヘラでコーナーを出していきます。
↓(クリックで拡大)
P1070098.jpg

次に、地ベラと呼ばれる道具をコーナーに押し当てカッターナイフで余分な所を切り取ります。
↓(クリックで拡大)
P1070099.jpg

最後に既存のクロスと新しいクロスを重ね切りして継ぎ目が剥がれてこないように、水性のコーキング剤を仕込んでからローラーで丁寧に押さえ込みます。
↓(クリックで拡大)
P1070102.jpg

するとこんな感じに仕上がります!
やっぱり一手間かけると仕上がりが違います。
本職はもちろん電気屋さんですが僕のちょっとした得意技なのです。
↓(クリックで拡大)
P1070103.jpg

ここから又電気屋さんに切り替えて
例の如く水平器で室内機の据付板を水平に固定して行きます。
↓(クリックで拡大)
P1070104.jpg

何故か200Vだったコンセントも100Vへ変更しました。
↓(クリックで拡大)
P1070105.jpg

配管も化粧カバーでスッキリ!!
↓(クリックで拡大)
P1070114.jpg

真空ポンプで配管内の余分な空気をしっかり抜きます。
愛用のトーマス君です!
↓(クリックで拡大)
P1070112.jpg

室外の仕上がりです。
↓(クリックで拡大)
P1070115.jpg

室内機もこの通り。違和感無く取り付きました!!
お客様にもとっても喜んでいただけました!
↓(クリックで拡大)
P1070116.jpg

末永く安心してご使用下さい!!

この様にあらゆるポイントで一手間と愛情を込めて施工する事によって
美しさはもとより、機器本体の寿命が格段に延びると信じています!

耐久商品は工事が全て!「綺麗にキッチリ」をもっとうに頑張っています!
エアコン工事のご用命はてくのハウスMAKINO城陽店まで!!
スポンサーサイト
【編集】 |  15:20 |  白物生活家電  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。