fc2ブログ

02月≪ 2024年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007.03/10(Sat)

ガスエアコンからお掃除ロボットエアコンへ 

ある日このお宅のご主人様が照明器具をぶらさげて「このでんき灯かへんのやけどなおるやろか・・・?」とのこと。早速調べてみると確かにヒモスイッチ(プルスイッチ)が引っ張れない状態で機種もかなり古く部品も入手困難なものでした。「どこのお部屋の照明器具ですか?」とお尋ねしたところ台所のものとの事。するとすぐさま私の妻が「修理で預かっている間暗くてご不便をおかけしますので当店のものをお貸しします!」うーんナイスフォロー!でも貸し出す照明なんてあったやろか・・・(当店は5.5坪で照明器具は在庫は持ってますが展示はひとつだけ)かくして私が自宅のものを引っこ抜き自転車でお宅まで取り付けに行きました。それからしばらくしてそのお客様のご近所でIHクッキングヒーターの取り付け工事をしていたら、「マキノデンキさんチョッと!チョッとチョッと!」と、どこかで拝見した奥様に呼び止められ、「主人が台所のエアコン傷んだからお宅で買おうと言いますので下見に来てくださいね!」・・・思い出しました!あの日照明器具を取り付けた部屋でうれしそうに笑っておられた奥様ではあーりませんか!!

既存のエアコンはOGブランドのガスエアコンでした。
ガスエアコンとは暖房時は室外のボイラーで熱した不凍液を室内機に送り込む仕組みで電気エアコンの配管とは異なるものでした。むむむ撤去が難しいかも・・・。

てなわけで作業工程のダイジェストをどうぞ!

室内機の撤去作業です。

P1050193.jpg


P1050194.jpg


次に新しいエアコンの裏板を水平器なる物を使いにまっすぐに取り付けていきます。
ドレン勾配が逆になると新品から室内機より水漏れが発生します・・・
丁寧に確実に!

P1050196.jpg


P1050197.jpg


新しいエアコンの室内機の取り付けです!当然まだ稼動はしませんがこの瞬間お客様は何とも言えない表情をされます。気持ちわかります!

P1050198.jpg


次に室外機の撤去作業です。ガスエアコンだけにいろんな配管が繋がっています。ボイラーを外したり不凍液の循環用の配管を引っこ抜いたりガス管の端末にキャップをしたり・・・めげずに撤去々!

P1050123.jpg


P1050201.jpg


次に新しいエアコンの室内機と室外機をつなぐための配管を仕込んで行きます。壁から出てすぐの場所に換気フード付の配管化粧カバーを取り付けます!お掃除ロボットは換気機能もついていますのでお部屋の空気は常にキレイなのです!

P1050207.jpg


銅配管の保温材も接続口の際までしっかりと丁寧にテープで保護します!

P1050209.jpg


ここで電線と配管の接続が終了した後当店では配管内のエアパージ(空気と冷媒が混ざることを防ぐ大切な作業)を真空ポンプでしっかり行います。実はココがキモ!ちゃんとした専門店では当たり前なのですが、量販店はあまり行われていない様です・・・お客様がかわいそうです・・・。

P1050203.jpg


外回りもこれで完成です!

P1050208.jpg


エアコン工事には関係無いのですが、実は事前にお客様よりのご要望で「この壁に引っ付いてる蝉の抜け殻はそのまま外さないで!孫に見せてあげたいから・・・。」ご心配なく!無事です。都会ではこんなものまで珍しいのかなぁとつくづく地球温暖化を何とか止めねば・・・と言う気持ちになった今日この頃です・・・。

P1050206.jpg


Yさま据え付け後も末永く安心してご使用ください!ありがとうございました!
スポンサーサイト



【編集】 |  23:20 |  白物生活家電  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |