fc2ブログ

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2012.03/18(Sun)

三菱スマート電化生活フェア春の祭典2012 2日目 

昨日も少しふれましたが、太陽光パネルが屋根に「どの様な金具でどの様に固定されているか」がよくわかるディスプレイです。本来は、施工後に、ご施主様が確認したくても難しい場所で、逆に言えばいい加減な施工がなされていても解らない部分です三菱電機は、屋根金具のクオリティーがとても高い仕様となっており、堂々とお客様に構造を公開しています。自信のあらわれですね
屋根金具のディスプレイ
この金具も垂木の真上にビス2本で固定されており、強度を保ちつつ必要最低限のビス穴に留めており、雨漏りの危険性を極力回避できる構造です。さらに、上部三辺には防水のため「ゴム化アスファルト系」のコーキング材(ゴムの様に柔軟性を保ちながら硬化する特性があります。)をしっかりと塗布してあり、金具と屋根材の隙間もバッチリですね
ゴム化アスファルト系コーキング材で防水された金具
現実ではありえない事(本当は屋根裏)ですが、その金具の真裏を覗いてみると、垂木に切りかぎをしてビスが打ってある様子がよくわかるように透明の塩ビ板でスケルトン仕様になっていました。
垂木固定がよくわかるスケルトン仕様の展示
こちらは屋根差し込み式金具です。実際の施工も3枚分の瓦をいったん剥がします。垂木と垂木にまたがる様に補強板を置き、左右の垂木の上にしっかりとビスで固定します。その補強板に金具を固定すると言う仕組みです。これなら強度も十分出ますね
屋根差し込み金具のスケルトン仕様の展示
屋根上の固定方法の安全性をアピールするために、とても優れた物で、ぜひとも当店にもほしいと思いましたので、軽い気持ちでメーカーの方に「このディスプレイはいくらするの?」と尋ねると、「特注なので業者にそれぞれ80万円程とられました…」と言っておられましたぼった○りやん…

自店に戻り次第「日曜大工」で作ってみようと決意した僕でした完成したらまた紹介しますね
スポンサーサイト



【編集】 |  21:32 |  PV(太陽光発電)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |