fc2ブログ

03月≪ 2010年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010.04/06(Tue)

久世北垣内 電力会社系光テレビの改修工事!? 

先日、当店のお客様より一本のお電話があり「知り合いのお宅がe○光テレビを契約したんやけどテレビが映らへん言うて困ったはるんやけど見に行ってくれへんかなぁ・・・」となんともおかしなご依頼でした
何がおかしいかと言うと、「e○光テレビ」と言えば、テレビCMでさんざん「アンテナ要らずで地デジが見れる!」って言う謳い文句で、特に難視聴地域のお客様がご検討されるとてもメジャーな光テレビです。当然当店も取次店となっており、お世話にっている会社でもあるのであまり悪くは言いたくないのですが、当店で取り次いだお客様で同じ様な対応なら、許せませんので少し言わせていただきます

こちらのお客様の場合、事前の現地調査の段階で、現状の屋内配線のままで、「追加工事は無し」との判定で工事が進められており(3枚複写の事前現地調査用の書類がお客様宅に 置いてありました)、いざ開通当日の工事が終わり、期待されていたお客様に対し、「映らないですね・・・。でも引込み口までの入力レベルは規定値以上に確保されていますので屋内配線等に問題があるようですね。後は知り合いの電器店にでも依頼して改善してもらってください」と悪びれることなく、ひとごとの様に下請け業者の「き○でん」の工事担当者は帰ってしまったとの事。下請けの工事人の言い分としてはもっともな事なんでしょうね

そんな事情でe○光テレビの改修工事に行って来ました
とはいっても、対応のブースターを取り付けるだけで今回は大丈夫でした。
ビフォー
イオ光改修前
アフター
イオ光改修後
なんと8分配もされており、5C-2Vと言う一昔前の配線で各部屋へ送られていましたので、映らなかったのもうなづけるのですが、分配器や配線は現状の物を使用して最低限の改修でなるべく安価に納めさせていただきました。事前調査に来た人は何処を調査していたんでしょう?事前調査とは、本来専門知識に乏しいお客様に対し、プロの目線でしっかりとアドバイスをし、追加の改修が必要な場合は、しっかりとその事を分かり易くお客様にご説明する事だと思います。営業、事前調査、開通工事と全て顔ぶれがコロコロ変わる大手企業は、えてしてこの様な責任逃れがまかり通る事が多いように思います。同じ事を地域の電器店がやったなら、営業していけなくなってしまします。「人の振り見て我が振りなおす」ってな事で自分も注意して頑張らねばと思いました。
スポンサーサイト



【編集】 |  18:45 |  デジタル家電  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |