fc2ブログ

05月≪ 2009年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009.06/08(Mon)

城陽市寺田今橋B邸 地デジアンテナ工事 

今日は、珍しく、僕のブログを見て下さっている方からの依頼で地デジアンテナの工事に伺いましたマキノデンキの社員か同業者関係の方しか見てないものだと思っていましたが、最近チラホラ「ブログを見てお電話させていただきました」等のお問い合わせが増え、日報代わりにはじめたブログも思いがけない反響が有る物だと驚いている今日この頃です。とりあえず何となくはじめてからしばらく経ちますが、続ける事って結構大変ですねあまり更新できない(サボっている)期間も有り、ちゃんと続けているとは言いがたいのですが、こんな反響が有ると「もうチョット続けてみようかな~」と言う気になりますでは工事の様子をご覧下さい。
まずは既存のアンテナ環境を確認します。使用できる部品はなるべく使用します。
ブースターは、交換するに越した事はありませんが、一番値が張る部品ですので、今回は既存の物を使用します。
ブースターと3分配器は使用する事にしました。
P1020099.jpg
この辺りは、KBS京都はもちろん、かなりの確立でサンテレビとテレビ大阪も視聴できる地域です。
マスプロの「3MB」と言うフィルター付きミキサーです。
P1020103.jpg
3MBのふたを開けた状態です。
P1020102.jpg
このミキサーはアナログ時代この地域で一世を風靡したミキサーで、UHF局の19ch~21ch(テレビ大阪19ch又は21ch)と27ch~62ch(KBS京都34ch又は47ch+サンテレビ36ch)おまけにVHF局を全て混合できる優れものでした。
但し、あくまでもアナログ時代のお話で、地デジを受信するには必要な電波をもその優れたフィルターで遮断してしまいますのでこの地域にあった地デジ対応のミキサーに交換する必要があります。
又、二本付いていたUHFアンテナの内、一本はフィーダー線仕様のかなりの旧タイプでしたので念のため交換していただくようにお願いしました。
フィーダー線仕様の旧タイプのUHFアンテナです。
P1020107.jpg
全てを支えるルーフベースとマストポール&支線ワイヤーもかなり錆がまわっていましたのでやり直すことになりました。
錆び付いたルーフベースです。
P1020104.jpg
結局、既存のUHFアンテナ一本とアナログ用のVHFアンテナとブースター、3分配器等を再利用し、二本のUHFアンテナとマストポール、ルーフベース、支線ワイヤー等を新設してこの地域で映るチャンネル全てを高いレベルで受信する事に成功しました。
こんな感じに仕上がりました
P1020180.jpg
これから深刻化するであろうデジタル環境の整備に「デジタル110番」のお店として精一杯頑張ります。
今回当店をご利用下さったB様、数ある電器店の中で当店をお選び下さいまして誠にありがとうございました!これからもどうぞよろしくお付き合いくださいね

おまけ。。。

大和の挑戦の結果。。。
P1020181.jpg
深く追求しないでやって下さい。

スポンサーサイト



【編集】 |  22:34 |  デジタル家電  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |